症例報告Case Report

  • APFによる皮膚再建術を行った猫の二症例

    ハブ咬傷による皮膚の壊死脱落欠損部へAPFによる皮膚再建術を行った猫の二症例

  • ダブル皮弁法による皮膚再建術

    広範囲の皮膚欠損を伴う猫においてダブル皮弁法による皮膚再建術

  • 整復を行った猫の一症例

    外傷性足根下腿関節脱臼を人工靭帯を用いた脛骨足根部内側締結法(変法)により整復を行った猫の一症例

  • 心膜グラフトを用いて整復術を行った猫の一症例

    肝臓の心膜癒着を伴う横隔膜ヘルニアを心膜グラフトを用いて整復術を行った猫の一症例

発表論文紹介

  • ハブ咬傷による皮膚の壊死脱落欠損部へAPFによる皮膚再建術を行った猫の二症例

    [年齢]1才 [体重] 4.1kg [性別]未去勢 [主訴]右頭頸部皮膚の出血性外傷を主訴に来院

    [年齢]1才 [体重] 3.2kg [性別]避妊済み [主訴]左前内側皮膚の出血性外傷を主訴に来院

    論文詳細はこちら(PDF)
  • 広範囲の皮膚欠損を伴う猫においてダブル皮弁法による皮膚再建術を行った二症例

    [年齢]3か月齢 [体重] 600g [主訴]ぐったりして倒れていたところを道路わきで保護される。

    [年齢]1才 [体重] 3.6kg [性別]未去勢雄 [主訴]車で轢かれたことで来院

    論文詳細はこちら(PDF)
  • 外傷性足根下腿関節脱臼を人工靭帯を用いた脛骨足根部内側締結法(変法)により整復を行った猫の一症例

    [年齢]3才 [体重]3.9g [性別]未去勢雄 [主訴]外にでて帰ってきたら足がつけない。外傷がある。

    論文詳細はこちら(PDF)
  • 肝臓の心膜癒着を伴う横隔膜ヘルニアを心膜グラフトを用いて整復術を行った猫の一症例

    [年齢]3才 [血統]雑種 [性別]未去勢雄 [予防]ワクチン履歴なし [飼育環境]室内飼育 [既往歴]なし [主訴]食欲不振、呼吸速拍

    論文詳細はこちら(PDF)
  • 巨大食道症と急性膵炎により持続的胃拡張を起こした犬の1症例

    [年齢]11才 [犬種]ヨークシャーテリア [性別]避妊雌 [予防]6種混合ワクチン、狂犬病ワクチン済、フィラリア予防済 [既往歴]乳腺腫瘍、顆粒膜細胞腫により子宮卵巣摘出[主訴]腹部の張り、嘔吐、不眠、呼吸困難を主訴に来院した。

    論文詳細はこちら(PDF)
  • 臭化カリウム投与中に血中クロール値が異常高値を示した犬の一症例と各検査機関値の比較検討

    [年齢]12才 [犬種]ミニチュア・ダックスフンド [性別]避妊雌 [予防]ワクチン履歴なし。フィラリア予防済。 [既往歴]他院にて難治性てんかんと診断される。臭化カリウムとゾニサミドを内服中。胆嚢炎と診断され抗生物質の投与を行っている。 [主訴]食欲不振、多飲多尿、嘔吐、しみん傾向、倦怠感などを主訴に来院。

    論文詳細はこちら(PDF)

FAQよくある質問

病気に関して

初めての診療なのですが、予約は必要ですか?また、何か持っていくものなどありますか?
予約は特に必要ありません。来院順の診察になります。
駐車場は有りますか?
3台駐車可能です。
病院に行くことが難しいのですが、往診は可能ですか?
可能です。ただし予め予約が必要になります。
夜にペットの容態が悪くなったのですが、対応できますか?
対応できるときと、できない場合があります。ご相談下さい。
診察可能な動物は何ですか?
犬、猫、うさぎ、ハムスターなどです。

治療・診療について

狂犬病予防接種時に飼い犬手続きを代行してもらえますか?
可能です。
マイクロチップは、予約が必要ですか?また、日帰りは可能ですか?
必要ありません。すぐにいれることが可能です。
避妊去勢手術は予約が必要ですか?また、日帰りは可能ですか?
予約が必要になります。去勢手術は日帰り可能です。
フィラリア予防接種は予約が必要ですか?また、日帰りは可能ですか?
注射の場合、予約が必要になります。
営業時間外で緊急対応が必要になった場合、どうすればよいですか?
当院で診察治療中の動物の場合は個別対応が可能ですが、そうでない場合は最寄りの病院をお探しいただくか、獣医師会の夜間診療案内をご参照下さい。

お支払いについて

キャンセル料はかかりますか?
かかりません。
支払いにクレジットカードは使えますか?
ご利用可能です。